「サユリストの怒り」なのか?? 吉永小百合CM「変更」の理由

印刷

   女優の吉永小百合さんとSMAPの香取慎吾さんが共演しているテレビCMが、「一部サユリスト」を刺激しているようだ。CMはすでに新しいバージョンに切り替わっているが、サユリストの反応と関係があるのだろうか。

「当初から予定」「苦情はない」

   「サユリスト」とは吉永さんの熱狂的ファンのことだ。このCMは、シャープの液晶テレビAQUOS「DX」シリーズのものだ。同シリーズは、ブルーレイディスクレコーダーを内蔵している。

   2008年11月15日から東京・大阪地域で放送していたCMでは、吉永さんと香取さんが、「ついにお会いできました」「ついに一緒になりました」と会話を交わす内容になっていた。これに対し、インターネット上などでは、「サユリスト」から「小百合さんが合体とは許し難い」といった声も上がっていた。

   そんな中、CMは11月29日からは新しいバージョンとなった。香取さんが「一緒になろうとブルーレイは言った」と呼びかけ、吉永さんが「それはいい考えだねとアクオスは答えた」と応える形に変わった。「一緒になる」のが、ブルーレイとアクオスのことで、当然ながら香取さんと吉永さんのことではない、と明確に分かるようになっている。

   CMの内容一部変更は、サユリストの反応と何か関係があるのか。J―CASTニュース編集部がシャープに取材すると、広報担当者は「当初から2本(種類)放送する予定だった」「苦情はない」と回答した。実際、ネット上でも両バージョンともおおむね好評だ。新バージョンCMは、08年12月8日まで放送される予定という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中