タモリの平常心とキャバクラ嬢「地政学」

印刷

   <テレビウォッチ>日テレ開局55年記念3日連続ものの第2弾は、「タモリ教授のハテナの殿堂?」。タモリが教授役で、爆笑問題やベッキー、糸井重里らが出演した。脳の専門家の茂木健一郎と養老孟司もいたし、新垣結衣の姿もあった。タモリの日テレ番組って久しぶりの気がするがどうだろうか。

   基本テーマは脳の不思議。見た目や「男と女」などいろんな角度から面白い脳の働きを紹介した。頭にヘッドギアのような測定器をつけ、ダジャレが脳を活性化するという実験をやっていたが、本当に脳が反応している様子が分かり面白かった。キャバクラ嬢のヘアースタイルが九州、大阪、東海、東日本といずれも特徴があるという話もへえ、と思った。九州は「男を立てる」ために抑えめ、東海はよく巻いて…といった具合だ。

   視聴率は16.9%だった。細かい話がいっぱい並ぶ形で特番ネタとしてはどうかな、という気もしたが知的好奇心をくすぐる番組ではあった。でも、爆笑する場面はなかった。タモリは平常心、いつも通りに笑いをまじえてにぎやかにまとめていた。

      チラシ寿司 具がのり過ぎて しゃり見えず

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中