「銀座の女性」の怒りにみる 意外と平和な日本の姿

印刷

   <テレビウォッチ>そろそろネタ枯れか。師走の回顧に入って、「今年いちばん怒ったことは?」を、銀座で20―50代の女性に聞いた、まではよかったのだが……

普段は仲がいいですからぁ

   まず、ニュースについては、「食品問題(事故米、偽装)」「年金問題」……と、普通の答えが返ってきたが、さらに「プライベートでは?」と聞くと、怒りといってもこれがまあ、他愛もないものばかり。

   「千枚漬けを妹に食べられちゃった」

   「32歳なのに、30代後半にみられたこと」

   「H&Mを探してるが、場所がわからない」。交番へ行け。

   「ボーナスが出るかどうかわからない」「社長にいいたいことは?」「父親なんです」

   「不景気で主人が定時で帰ってくる。まだリストラされないだけいいけど」

   「亭主が毎晩飲んでる。誘われたら断れない」。自分が誘ってるんだぜ。

   「バリ島で買ったバッグの塗料がはげて、キャミソールがだいなし。文句をつけたら、夫が『クレーマーだよ』といったので、以来仮面夫婦。一緒に寝てない」

   「彼氏が友だちと浮気をしてて、女の家に乗り込んで裸でいるところを見ちゃった。で、都合のいいこというんで、『この野郎!』とその女と2人でボコボコにしちゃった。彼氏は戻ってきて、いま一緒に住んでる」。どうなってんだ?

   まあ、世の中平和なこと。金融危機、派遣切り、国会方面の混乱なんぞどこ吹く風だ。

   レポートの青木源太が、「八代さん怒ることないですか?」

   八代英輝は「ないです。理詰めでわかる」

   「テリーさんはいつも怒ってるイメージですが」と青木。

   意外やテリー伊藤は、「仕事以外ではおだやかなんです」と、しかし、葉山エレーヌを指さして「葉山だね。腹が立つのは。自分のことしか興味がない」(笑い)

   八代が「未明さんもそうじゃない」

   さかもと未明は「はい、そうです」(笑い)

   しかしテリーは、「(未明は)かわいいじゃない。でも葉山は、自分のことだけ」(みな爆笑)「わたしが、わたしがと、男の話しかしてない」

   加藤浩次があわてて、「普段は仲がいいですからぁ」(爆笑)

   当の葉山はただただ笑うばかり。「自分の怒り」を聞きいてみたかった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中