撮影中事故の「タカトシ」タカ 最低の運勢と予言されていた!

印刷

   テレビ番組撮影中の事故で全治3週間のケガを負ったことが報じられていたお笑いコンビ、タカアンドトシのタカが2008年12月12日のブログで、2008年は最低の運勢と予言されていたことを紹介している。

   「みなさまに心配をかけて申し訳ありませんでした」。まずは騒動が広まったことを詫びているタカは、思えば2008年は最低の運勢だったことを嘆く。

「思えば 今年の元旦に吉本芸人の中で運勢 最下位と小笠原に言われ、気分悪くスタートした2008でした」

   小笠原というのはタレントで占い師の小笠原まさやのことだろう。占い師を祖母に持ち、的中する占いは評判をよんでいる。どうやら、年の初めに吉本興業に所属するお笑い芸人全員の運勢を占ったようだ。

   そんなことをいわれたタカは「何が 運勢 最下位だ!小笠原の占いは当たらないんだよ!!」と文句を言って詰め寄ったらしい。が、「喉のポリープ」「左足 靭帯損傷」とここへきて不運が続く。

「これを 僕は小笠原の呪いとよんでおります」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中