「明るいイメージ壊したくない」 「元マラソン」松野が苦悩告白

印刷

   <テレビウォッチ>「こういう子供を持っていることを一生隠したかった。 産まなければよかった。本当に思っていました」。

   マラソン引退後は底なしの明るさでタレント活動をしていた松野明美(40)が、ダウン症の次男、健太郎くん(4)との闘病生活をテレビカメラの前で率直に語った。

   次男が生まれたのは、2003年12月26日。その時の模様を松野は、リポーターの原元美紀に次のように語った。

   「先生がお尻を叩いて産声を上げさせようとしたんですよ~。その時、ウンギャと、か細い声が聞こえた思い出があるんですよ。でも、唇が真っ青で……」

   実は、妊娠8か月目に医師から「通常3本あるへその緒が2本しか見当たらない。疾患がある可能性が高いです」と言われていた。

   「やはり重い心臓病でした。呼吸が速くなる心内膜床欠損症と全身に酸素が行き渡らないファロー四徴症と言われた」という。

   さらに誕生して10日後、追い打ちをかけるように医師から「ダウン症です」と。心臓の異常は、ダウン症による合併症だった。

   次男は1年半後に退院。家で夫婦、長男ら家族との生活が始まったが、2歳を過ぎると酸素ボンベなしではいられない生活が……。

   「帽子を深くかぶって、人から話しかけられないようにしようって……。「松野さんどうしたの?」「辛いでしょ」と言われるのがとても嫌だった」

   「勝負の世界で生きてきた人間ですから、人生に負けてしまったような感じがして……。こういう子供を持っていることを一生隠していこうと思いましたね。産まなきゃよかったと……」

   そんな中で2歳3か月が過ぎた06年4月、心臓手術が行われ、無事に成功する。

   それでも松野の複雑な気持ちは変わらなかったようだ。

   「自分は明るい性格、暗い顔をしてはいけない。テレビのイメージを壊したくない。隠して仕事を続けていきたい。あのころは、子供が一番でなくて、自分が一番でしたね……」

   しかし、次男が1年前に自立支援施設に通い始めてから、発育の遅れはあるものの、着実に成長。ニコニコしてくれる子供に出会った松野も変わった。

   「隠す必要ないんじゃないかと。1番じゃなくてもいい、途中で立ち止まってもいい、道草してもいい、ゴールを目指す姿は1番と同じくらい素晴らしいことだ、と教えられた。今は産んでよかったと思う」

   夫がビデオカメラで撮影した映像を放映したが、次男の笑顔が実に素晴らしい。

   作家の吉永みち子は「健太郎くんの存在が、(松野の)価値観をかえたのだからほんとにすごい存在と思う。ただ、ちょっと心配なのは、さびしい姿のお兄ちゃんをみるケースもある。お兄ちゃんもかわいがってほしい」。

   これには取材した原元が「いつも兄弟を遊ばせるようにしているそうです」と。

   タレントの松尾貴史は「健太郎くんが、家族の皆さんを支える存在になるんじゃないですか……」とも。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中