2018年 7月 21日 (土)

「ブッシュ靴攻撃」シューズ アメリカからも注文「日本からは?」

印刷

   <テレビウォッチ>「ブッシュ・シューズ」に注文が殺到しているらしい。イラクのテレビ局記者がブッシュ大統領に投げつけたのと同型のクツを作っていると名乗り出たトルコの「ベイダン」なるメーカーに、37万足の注文が寄せられたという。

よくわからない

   『憎まれ役』ブッシュに歯向かった「英雄の履いていたクツ」(小倉智昭)に人気が集まったようだ。アメリカからも1万9000足のオーダーが来ているとか。ベイダン社は、この不況の最中に100人の従業員を新規雇用する『特需』に浴していると伝えられる。が、小倉によると、中国、イラクなどからも「うちで作った」と言い張るところが現れ、「本当にどこのクツなのか、よくわからない」(小倉)ともいわれる。

   当の『ヒーロー』はイラク当局に拘束され、マリキ・イラク首相へ謝罪の手紙を送ったと報じられるが、接見した家族は、拷問を受けて書かされたと主張しているそうだ。裁判では、最長15年の禁固刑が科される可能性もあるというが、高木美保が話すように、「嫁さん候補も名乗り出ている」英雄に果たして重刑が下されるかどうか。

   ブッシュ大統領自身も、「オーバーに反応しないでほしい、イラクが自由になったからこそ、こんなことが出来るのだと言っている」(デーブ・スペクター)とのことで、『恩赦』の予想も出ている。ところで、ベイダン社には日本からも注文が行っているのだろうか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中