クリスマスイブの過ごし方 「無関心派」の理由とは

印刷

   <テレビウォッチ>今夜(12月24日)がクリスマス・イブということで、ケーキの売れ行きや売れ筋プレゼントなど、クリスマス景気の話題にふれた後、小倉智昭がスタジオ陣にクリスマスの過ごし方を尋ねる。

佐々木:1個にまとめて

   佐々木恭子「こんなことを言うと、ちょっと顰蹙(ひんしゅく)かもしれないんですけど」と前置きして「昔からクリスマス、外に行きたいってないんですよ。誕生日が1週間前にあるので、自分の素敵なメインがそっちにあって、プレゼントも1個にまとめてくれて豪華にしてもらうほうがいい」

   高木美保「毎年、OLやっている親友とプレゼント交換。あとはボーイフレンドとかとごはん食べたり」

   小倉「ほー、去年は言わなかったことばですね」

   高木「毎年、秘めているんですよ」(笑い)

   デーブ・スペクター「何もしませんね。佐々木さんといっしょですけど、女房の誕生日が近いのでまとめてプレゼントします」

   前田忠明「温泉の素をお互い、私は箱根、私はどこがいいとか言って家にいようと。それしかないですね」

   高木「クリスマスとはあまり関係ないプレゼントのような感じ」

   小倉「うちなんかひどいですよ。何あげても喜ばないからあげない」

   佐々木「今まで、いっぱい、いいものをプレゼントしたからではないんですか」

   小倉(憤然として)「私は、プレゼントすることはあっても、貰うことは少ない。損な立場ですよ」

   笠井信輔は「得もり」コーナー支度のため言及なし。学齢の子をもつ親にとってのクリスマスも聞いてみたかった。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中