上原さくら 「ふさぎ込んでしまう出来事があった」

印刷

   タレントの上原さくらが2009年1月4日のブログで、傷つき、ふさぎ込んでしまう出来事があった、と悲痛な告白をつづっている。

   というのは、コメント欄に中傷が寄せられたというのだ。「『気にすることない!』と言い聞かせても、気になってどうしたらいいか分からなくなっちゃったんです」と悲しい胸の内を明かす。

   もっとも、以前、人気商売だから悪口をいわれてもしょうがない、といったコメントをもらったこともあるそうだ。しかし、「さくらは………それは違うと思います」と気丈な様子で、次のように続けている。

   「さくらはちょっとだけ芸能人な事もありますが、それ以前に普通の人間で、傷つく事も悲しい事も皆さんと同じです」

   「芸能界で働くのには心が強くなければ向いていないなら、さくらは向いていないって事だけはハッキリ認識出来ますが……」

   とはいえ、このブログを楽しんでくれている読者がいることは、とてもありがたいと感じているようだ。今後、少しずつ復活していきたいのだとも。「美味しいものでも食べて、元気だそう♪」。

   今では気持ちも落ち着いているというが、更新頻度の多い上原にしては珍しく、1日以上のブランクがあいている。元気でくったくないブログが読めるまで、もう少しかかりそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中