高木美保VS渡辺元大臣 刺客説に本人が答えた

印刷

   <テレビウォッチ> 宣言どおり自民党を離党した渡辺喜美・元行革担当相に対して党内の空気は冷たく、閣瞭たちからは批判、非難の嵐。一方、スタジオ陣は理解を示す。

政治家になるという感覚が…

   小倉智昭は「1人くらい『自民党は危機感を持つべきだ』と言うような人がいてもいいと思った」とし、デーブ・スペクターは「党内から変えればいいとよく言われるけど、変わりそうもないから離党したのだ。どう見ても変わりそうもないのは、誰もが気がついているはず」と話す。

   民主党の山岡賢次・国対委員長はさっそく、渡辺の選挙区に対抗馬を立てないと明言したらしい。「魚心あれば水心」で、造反を誘う狙いも見え隠れする。

   ところで一部報道では、渡辺の刺客として高木美保(「とくダネ!」水曜レギュラー)の名が取りざたされた。栃木・那須高原に住いして農業も営んでいるからだろう。そのことを小倉に突っ込まれた高木は「事実無根です。だいたい打診が来ていないし、来てもやらないですよ。政治家になるという感覚が私の中にないですから。渡辺さんとは知り合いで、『美保ちゃん、僕の刺客に出るんだって?』『出ませんよ。どこに出てたんですか』とか、電話で本人と話しています」と一笑に付す。

   どうやらガセネタの類だったようだ。自民党幹部は刺客擁立発言で造反を牽制し続けるつもりかもしれないが、郵政選挙のときほどの威力があるとは、とても思えない。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中