NASAが「ウォンテッド!」 「決死の調査隊」に何が!!

印刷

   <テレビウォッチ> 「緊急事態です」と司会のみのもんたが告げる。あの米航空宇宙局NASAが懸賞付きで行方不明者を捜索しているというのだ。行方不明になっているのは、アヒルちゃん90匹。よく風呂に浮かんでるアヒルの形をしたゴム製おもちゃだ。

みの:緊急事態です

   このアヒルちゃん90匹は重要な使命を帯びて、北極圏グリーンランドに派遣されたという。氷河に空いた穴に流れ込んだ水の行方を調査するため、果敢にも氷河の割れ目に飛び込んだのだ。

   NASAの見込みでは、放流地点のすぐ近くで合流できるはずだった。が、いまだに1匹も発見されていない。そこで100ドルの懸賞金をかけたNASAは「今は水兵さん、漁師さん、クルーザーの乗客が気にしてくれることを期待してます」と話す。

   しかし、番組の優秀で勤勉なスタッフが海上捜索の専門家に聞いたところ、体長15センチのアヒルちゃんを海上で探すのは、野球場でノミを探すのに等しく、「まず見つからない」という。アヒルちゃんたちの生還はきわめて厳しい状況だ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中