「不倫」報道否定の官房副長官 みの「記者が出入りチェック済みでは?」

印刷

   <テレビウォッチ>議員宿舎に知り合いの女性を(不倫目的で)泊めたと週刊新潮で報じられた鴻池官房副長官が昨日(1月15日)、会見を開いた。天地神明に誓って女性関係はなく、女性が出入りした日には自分は不在だったなどとの弁明に司会のみのもんたは眉をひそめ、「新潮の記者が出入りをチェックしてたんじゃないの?」などと疑問を口にする。

あとは芸能番組で言いますから

   だが、このニュースのプレゼン・聞き役をつとめる事なかれ主義者、蓮見孝之アナはノーコメント。そういったことはワタクシに聞かれても困るのでありまして、一切お答えを差し控えさせていただきたいのでありますとばかり、文字通り腰を引き、「んー」「はい」「…」「週刊新潮がそう書いてるということで、本当のところはわかりません」と役所的答弁の繰り返し。

   「複数だったの? 2人きり?」としつこく質問し続けるみのに「それはわかりません」と若干キレ気味に。ついに「週刊新潮さんがお伝えしてることで、我々もしっかりシンチョウにお伝えしないといけないということでございまして……」とダジャレで応戦。

   これに「うまいねえ(一本取られた)」と破顔一笑したみのは「まあ、これぐらいでコメントとめときますけど……」と矛先を納めたが、この番組方針にも納得いかない様子。「あとは芸能番組で言いますから」と捨て台詞を吐いた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中