「声が出なくなった」! 小林麻耶アナを救ったのは…

印刷

   TBSの小林麻耶アナ(29)が、一時全く声が出なかった状態から救ってくれたものをブログ「まや★日記」で紹介している。

   小林アナは、薬を飲んでも「未だに…声が出ません」と2009年1月11日のブログで明かしていた。原因については、「ホテル、飛行機の乾燥に、年末までの疲労が重なってしまったのでしょうか」と推測していた。後日の説明によると、ラスベガスへ「初めての一人旅」をしてきたそうだ。

   その後、13日のブログでは「声、ようやく、出るようになりました」と復活宣言をした。「アナウンサー失格なのにもかかわらず」と、心配してくれた人たちに感謝を述べてもいた。

   そして15日には、全く声が出ない状態から「半分くらい」出るようになった理由について、「針と整体のおかげ」と説明した。しかし「声がまだ8割くらい」だそうで、針治療へ向かった。コメント欄には全快を祈る声が多数寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中