2018年 5月 25日 (金)

アンガールズ田中 連絡ないドランク鈴木に「死亡説」

印刷

   お笑いコンビ・アンガールズの田中卓志が2009年1月15日のモバゲータウン内で、「ドランク鈴木死亡説」と題した日記を更新、その"都市伝説"の真意について言及している。

   「これからちょっと怖い話をします」。やけに気を持たせる言い方で切り出した田中の話題は、ドランクドラゴンの鈴木拓のことだ。2人は週に何度も電話をする仲なのだが、ここ1週間、鈴木に何度電話してもいっこうに応答しないというのだ。まして、折り返しの電話がかかってくることもない。

「僕は心配になって、鈴木さんが頻繁に更新しているブログをチェックしてみました。すると、こまめに更新されていたブログが1月5日を最後に10日も更新されていませんでした」

   田中のいうように、鈴木のブログの更新は現在ストップしている。いったい何かあったのだろうか。田中もその安否を案じ、こう考えた。「僕は鈴木さんが芸能界に疲れてついに死んでしまったと思いました」。

   もちろん、仲の良い二人のことだ、この記述も冗談の一つなのだろう。ただ、電話に出ないのは心配だったから、田中は相方の山根にこのことを相談した。「まじで?俺が電話してみる!」と山根。そうしたところ、鈴木は電話に出た。無事、生きていたというわけだ。

   ところで、疑問は、なぜ田中からの電話に出なかったのか。鈴木のいいわけはこうだ。「今、バカ爆発というライブで全国まわってるから、たなちゃんの電話無視してた!」。いずれにせよ、ほっと一安心の田中であった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中