石川遼マスターズへ 一番喜んだのは誰だ

印刷

   <テレビウォッチ>1976年以来、TBSが中継して今年で34回目を迎えるというゴルフのマスターズ。伝統と格式のクラブ「オーガスタ」で開催されるが、クラブのプレー会員になるのは言うに及ばず、大会を見物するギャラリーになる資格を得るのも一苦労だそうだ。「パトロン」なる勿体つけた名称の観戦会員になる必要があるが、空きがないらしく、10年から100年待ちなのだという(しかし、日本からの観戦ツアーの案内はネット上にごろごろ転がっている)。

やったぜ、遼クン!

   そして、4月10日の金曜日からの連日放送に向けて、番組でも前宣伝に余念がないところに、待望のビッグなプレゼントが届いた。17歳のプロゴルフ選手、石川遼選手の特別招待が決まったのだ。

   司会のみのもんたは「やったぜ、遼クン!」と手放しの誉めよう。自動車不況に続く電機不況のなかで数少ない明るい話題である上、「TBSの」マスターズである。今日のリピ回数ナンバーワンのニュースとなったのは言うまでもなく、みのはまるでTBS社員であるかのように、毎度毎度「TBSで中継」されることを持ち出していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中