「平成生まれ」ミス日本 高校でモテてるのか

印刷

   <テレビウォッチ> 「初めて、平成生まれのミス日本が誕生しました」(赤江珠緒キャスター)。『41回ミス日本グランプリ決定コンテスト』(1月26日)で、3508人の中から選ばれた宮田麻里乃(17)=都立高校2年=にスポットライトを。

どういう意味?

   経済ジャーナリスト志望というミス日本に、さっそくコメンテーターの森永卓郎(獨協大教授)がアドバイスと称して「一緒に営業回りしましょう」と、怪しげな誘いを……

   平成3年(1991年)生まれ。身長165センチ、体重48キロという、さすが均整のとれたプロポーション。高1の時に『スプリング☆デイズ』という映画の主役の座を射止めている。

   番組はその宮田にインタビューした。「男子生徒にモテるでしょう?」に「正直、モテないんです。人と話をするより、部屋で1人、音楽を聴いたり、本を読んでいることが多い。最近、あきらめています」という。

   傍らに座っていた母親(44)も「コンテストに応募したきっかけは、垢ぬけするように、お洒落してほしいと思ったから」という。

   ただその分、しっかり勉強しているのだろう。英語検定準2級、数学検定2級、経済ジャーナリストになるのが夢という、明日が読書感想文の提出予定日で、手にしていた岩田規久男の『景気ってなんだろう』がテーマらしい。ごく普通のしっかりした高校生だ。

   森永が「岩田先生というと金融政策で日銀と戦い続けていた、世間でいう『異端』。僕は20年前に読んだが、すでに辿り着いているところがすごい」。

   アーチェリーの山本博が「(この年頃の)景気はカタカナのケーキ でしょう」。

   さらに、よせばいいのに森永が、経済ジャーナリストへの道について、自らフリップに書いた字を示しアドバイス。

   それによると、第一は「世間で言われていることが間違っていることも結構ある。本質を見抜くこと。自分の目で見、自分の頭で考え、本当は何なのかを見つける」。

   ここまではマトモだったが、第2から脱線、「小さく稼いで、大きく育てる」と、どこかの金融商品のCM に似たような文句を。さらに第3が冒頭の「一緒に営業回りしましょう」。

   鳥越俊太郎(ジャーナリスト)の「どういう意味?」に、森永が「経済講演会に一緒に行きましょうという意味」とか。番組で、急きょアドバイスをと言われ、急場しのぎに作った文句なのだろうが、それにしても……

   山本が「自分の娘だったら心配だな~」と。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中