日比谷公園での叫び この日は「妻への愛」だった

印刷

   <テレビウォッチ>中山美香が「1月31日」というボードを示して、「何の日かご存じでしょうか」。1をアルファベットの「アイ」と読んで「アイサイ」=愛妻の日。これにちなんだイベントがきのう(29日)東京・日比谷公園で行われた。

次いきましょう

   日本愛妻家協会(何じゃそれ?)などの主催という、「日比谷公園の中心で妻に愛を叫ぶ」という催し。お父さんたちが、『永遠の愛』チューリップを手に、妻に向かって叫ぶ。

   「まさこちゃーん、さびしいよー」

   「りつこー、お前のやさしさはサイコーだぁー」

   「ノリコー、せめて犬にそそぐ半分くらいの愛情を俺にもください。愛してるよー」

   妻と子ども2人と参加した夫(33)は、結婚式で着たタキシードで、「リエー、愛してるよー」。

   結婚3か月の夫(29)は、妻(28)が遅刻。ようやくやってきた妻にむかって、「アヤコー、結婚生活がこんなに楽しいと思わなかったぁー。これからも、おいしいご飯をお願いしまーす」

   結婚2年、「プロポーズの言葉がなかったので」と妻(33)にいわれてやってきた夫(37)は、「アヤコー、死ぬまでそばにいてください。結婚してくれてありがとう。愛してるよー」。ビデオで撮っていた妻は「うれしい」と涙ポロポロ。

   加藤浩次が、「不思議というか、夫婦で犬をつれて、ビデオを撮って……」

   テリー伊藤が「加藤さん、感激してましたね」(爆笑)

   加藤「絶対にやらない」

   スタジオにはわざわざマイクが置いてある。加藤はがんとして「いやだ」。そこで、八代英輝がチューリップを手に、「カヨコ、出版決まっておめでとう」。

   「これが一番喜ぶ。愛してるというより」。さかもと未明が「本、出されるんですか」

   みんななおも加藤にいわせようと、テリーはチューリップを渡すが、加藤は「いやだぁ。次いきましょう」

   あとのコーナーで大竹真が、「ノゾミー、ごめんなさーい」と意味不明の叫びをやったが、日比谷公園の熱気には及ばず。愛の形は人それぞれ……

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中