2018年 7月 23日 (月)

みのもんた、中川財務相を断罪 薬多めに飲んだ?「あり得ない」

印刷

   <テレビウォッチ>中川昭一財務・金融相の『ボロボロ会見』に対するバッシングは止みそうもない。

ガボっと飲むわけない

   まず、「かぜ薬を多めに飲んだ」との弁明について、みのもんたが「あり得ないでしょう。どんな人だってこんなことしませんよ。用法が決まっているのにガボっと飲むわけないでしょう」と一撃。

   さらに、今朝(2月17日)の番組では、言い間違いにも触れた。日銀の政策金利を0.25%としたのは0.1%、ADB(アジア開発銀行)と言ったのはJBIC(国際協力銀行)の誤りだという。

   与良正男(毎日新聞論説委員)の批判は熱っぽい。自己管理できないで醜態をさらし、この大臣で日本は本当に大丈夫なのかと、国民も世界をも不安にさせた。「その一点で、ご本人のためにも、責任を取ってお辞めになった方がいい。最近、政治家の責任の取り方が甘くなっている。だから信頼されない。政治が日に日に溶けて行っているような感じがする。このままでは国も日に日に溶けちゃうかもしれない」

   道あゆみ(弁護士)は「どんな業界でも、ああいう状態で仕事している人はいない。一国を代表する方が出席する会議で、ああいうようなことでは、国民が、末期症状だと思うのは当然だと思う」とコメント。

   与良が「麻生さんが慰留したのは早過ぎ」と言ったのは、当を得ている気がする。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中