あこがれのスターとDVD共演 「ヒロインはあなた」の仕組み

印刷

   <テレビウォッチ>日本でも人気のある韓流スター、クォン・サンウ。自分がヒロイン役になり、ボディーガード役になったクォンと恋に落ちる。そんなシナリオで「夢の共演」ができる商売が出現した。

若干ホラーが

   一体どんなカラクリなのか?? 司会の葉山エレーヌが実体験した。

   エレーヌが訪れたのは、東京・新宿にある『エフェクスギアジャパン』。顔を3方向から撮影し、コンピューターで3次元に合成。その顔を自分の好みにバーチャル整形もできる。

   その間、わずか30分程度。つまりクォンとの「共演作業」はこれで終了というわけ。

   しかも、わざわざ新宿まで出向かなくても、自分の顔を正面と左右横の写真3枚を郵送かメールで送ってもOKで、いとも簡単に共演できる。

   で、待つこと2週間、エレーヌの画像は特殊な加工技術でドラマ化され、収められたDVDとサウンドトラック、そしてクォンからの贈り物というペンダントが手元に届いた。

   さっそくスタジオで、そのドラマを視聴した。バイクの運転台に乗るクォン、後ろの席にまたがったエレーヌが腕をクォンの腹部に回し、身体をぴったりつける姿が……

   で、本人のエレーヌは「すご~い」と大声あげ満足げ。しかし、司会の加藤浩次が、不自然なエレーヌの表情に「若干ホラーが入っているね~」と。

   番組は茶目っ気が過ぎて、「オレも後ろに乗りたかったよ」というテリー伊藤と加藤のヒロイン役も用意した。やはり元がもとだけに全面バーチャル整形した後が歴然。

   スタジオは、女装したテリーに大爆笑。加藤が「イヌ見たい、野良犬だよ」。さて、続いて映った女装の自分の姿を見て加藤は「オレじゃないよ、誰これ」。

   このクォン・サンウとの共演代金は2万3800円という。バーチャル共演を高いと思うか、安いと思うか、ファンに聞くしかない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中