ルー大柴 アダルトになってイートできたもの

印刷

   タレントのルー大柴が2009年2月20日のブログで、大人になってから食べられるようになった食べ物について語っている。

   「チャイルドの頃、イート出来なくてつばもアダルトになってからイート出来るようになったフードってありますよネ!?」

   ルーの場合は、小学生の頃、ピーマンとかぼちゃが大の苦手だったという。食事のときにかぼちゃが並んだ日は、「フィールソーバット」。かぼちゃを避けながら食事していたのだけれど、母親は「ボディーにグッドなのだからパンプキンをリーブ(残す)するな」。しぶしぶ食べていた昔を思い出す。もっとも、今では薄く切ったかぼちゃの天ぷらは好物の一つである。

   ふきのとうやタラの芽の天ぷらも同じく、30代に入るまでは「何がデリシャスなのかアンダースタンド(理解)」できなかった食べ物。苦味がどうも好きになれなかったみたいだ。が、今ではご馳走といい、ルーはこんな風にして食べる。

   「ソルト(塩)をふってイートするとベリーハッピー、ジャパニーズにボーンして良かったとオールウェイズフィール(感じる)しています」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中