2018年 7月 20日 (金)

ルー大柴 アダルトになってイートできたもの

印刷

   タレントのルー大柴が2009年2月20日のブログで、大人になってから食べられるようになった食べ物について語っている。

   「チャイルドの頃、イート出来なくてつばもアダルトになってからイート出来るようになったフードってありますよネ!?」

   ルーの場合は、小学生の頃、ピーマンとかぼちゃが大の苦手だったという。食事のときにかぼちゃが並んだ日は、「フィールソーバット」。かぼちゃを避けながら食事していたのだけれど、母親は「ボディーにグッドなのだからパンプキンをリーブ(残す)するな」。しぶしぶ食べていた昔を思い出す。もっとも、今では薄く切ったかぼちゃの天ぷらは好物の一つである。

   ふきのとうやタラの芽の天ぷらも同じく、30代に入るまでは「何がデリシャスなのかアンダースタンド(理解)」できなかった食べ物。苦味がどうも好きになれなかったみたいだ。が、今ではご馳走といい、ルーはこんな風にして食べる。

   「ソルト(塩)をふってイートするとベリーハッピー、ジャパニーズにボーンして良かったとオールウェイズフィール(感じる)しています」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中