2018年 7月 21日 (土)

麻生執行部「ハムレット」状態 小泉元首相「処分」すべき?それとも…

印刷

   <テレビウォッチ>『小泉処分』に自民党執行部が悩んでいるらしい。竹内香苗アナが読んだ毎日新聞政治面の記事によると、「定額給付金の再議決」に欠席を言明した元首相の扱いについて、党執行部は頭を痛めているという。

どういうところにコブシが…

   処分に踏み切ると党内に新たな亀裂を生む恐れがある反面、不問に付すと1月の衆院採決時に退場し戒告処分となった松浪健太議員との公平性を欠く。山崎拓元幹事長は「小泉元首相が離党すれば自民党は壊滅的打撃を受ける」と、執行部に警告したという。

   みのもんたは「自民党バラバラ加減がこういうところに出ている」と見下す。 道あゆみ(弁護士)は「今回の小泉さんの動きを含めて、国民は若干、引いている。さめた目で見ていると思う」と突き放したコメント。

   与良正男(毎日新聞論説委員)は「反麻生グループも根性なしだけど、執行部も根性なし。引退を表明した元首相が一番、目立つということが今の自民党の行き詰まっている状況を象徴している」と話す。

   党幹部たちは一時、「処分必至」と息巻いていた。それがまたブレそうな雲行きである。

   みのは「どういうところに振り上げたコブシが落ちるのか」と結んだ。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中