映画「おくりびと」が気付かせた 「日本人が忘れていたこと」

印刷

   映画「おくりびと」(滝田洋二郎監督)が、日本映画で初めて「アカデミー賞外国語映画賞」を獲った。死者をひつぎに納める納棺師の物語である。直木賞を受賞した小説「悼む人」(天童荒太)は、25万部を超えるベストセラーになった。関わりのない他人を悼んで歩く男の話。

   ともに「死」をテーマに「生」と向き合う内容だ。無差別殺人など凶悪事件が続き、自殺者3万人というなかでいま、2つの作品への共感の輪がひろがっているという。日本人の死生観が変わりつつあるのだろうか。

「弱者・敗者へのやさしさ」

   「おくりびと」は、主演の本木雅弘(43)の企画だ。かつてアイドルだった。「無気力、無関心、無感動といわれた世代。死をリアリティーをもって見たこともなく、生きるリアリティーも薄れてしまう」(本木)

   27歳のときインド・ガンジス川のほとりで死者の火葬をみた。死者を悼む人たちのまわりを子どもたちが走りまわっていた。「違和感があった。ある意味過酷だと思った」。帰国後、1冊の本に出会う。「納棺夫日記」(青木新門著)。これが映画「おくりびと」の始まりだった。

   本木は青木の話を聞き、実際の納棺に立ち会った。「緊迫した空気はあるが、もっとやさしいオーラみたいなものが包んでいる。喜びや安心感があった」

   納棺師の青木は言う。「納棺は先に逝った者と残された者のコミュニケーションの場だが、いま臨終にも間に合わない、納棺にもこない。それが現代。映画はそれを気づかせた」と。

   文化人類学者の中沢新一・多摩美大芸術人類学研究所長は、「お正月とお盆は、死者をむかえる儀式でしょ。死者への畏敬、弱者・敗者へのやさしさがある。いままでこの領域のことは出てこなかったが、(映画で)一気に表に出た」という。

   「映画で、生前関係が必ずしもよくなかった人を、受け容れるようになるのがあった」と国谷裕子。

   中沢所長は、「きれいに化粧をすると、2人を客観的に照らすことになる。自分の葛藤、亡くなった人の立場。2人の関係が完成に向かうのではないか」という。

「悼んでくれる人がいる安心感」

   天童が「悼む人」を書いたきっかけは、「9.11とアフガン侵攻」だった。「伝わってくるのは死者の数ばかり。死者を平等に悼むことができなくなっていた」

   主人公は、事件や事故で亡くなった見も知らぬ人のもとを訪ね、話を聞く。必ず3つの質問をする。「だれに愛されたか」「だれを愛していたか」「どんなことで感謝されていたか」。

   天童は、「この3つで、故人のかけがえのなさをつかめる」という。「その積み重ねが、誠実に生きる意味を次の世代に伝える」と。

   2つの作品に触れて、死者を受け容れることができた、という実例がいくつか語られた。どれも、「大事な、かけがえのない人だった」と納得し、生きる手がかりが欲しい人たちだった。

   中沢所長は、「かつては、死ぬと最低で最高のセーフティーネットみたいなものが受け容れてくれるという安心感があった。最近これが失われていたが、『悼む人』はそれを甦らせていた」 

   「悼んでくれる人がいるという安心感ですかね」(国谷)

   「日本人はそれを忘れていましたね。2つの作品で、死としっかり向き合うように、変わり始めた」

   かつて人は、死者との絆を保つ儀式や祭に囲まれていた。死がただただ暗いものになったのは、いつからだったか。振り返って、死者を誠実に送ってきただろうかと、しばし考えこんでしまった。

ヤンヤン

   *NHKクローズアップ現代(2009年2月26日放送)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中