2019年 4月 25日 (木)

「ザ・たっち」かずやの意外な才能とは?

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   双子のお笑いコンビ「ザ・たっち」は、国立西洋美術館で開催中の「ルーヴル美術館展」に行ってきた、と兄のたくやが2009年2月28日のブログに書いている。

   総額数百億円もするという貴重な絵画を目の前にし、芸術に対して素人だが、その美しさに感動したという。

   すると弟のかずやは、

「この絵のすごい所は、絵なのに手前の毛糸をぼやかして、遠近感をつけていて、さらに・・・・・」

といった具合に、やたら解説してきたそうだ。

   かずやは昔から絵はウマく、美術の高校を受験したほどなのだとか。

   こんなこともあった。半年ほど前、急に「俺、油絵始める」と言い出し、たくやをモデルとしてキャンバスに向かったといい、ブログで、その力作を披露している。ちなみに、出来上がった絵を見た際、たくやは「俺なのか、自画像なのか、分からねーよ!!」と、絶妙のツッコミを入れたようだ。

   散々、かずやにしゃしゃり出られ、たくやは面白くない。

「ちきしょー俺だって、お前より得意なものあるんだぞ!!」

   たくやはガス溶接とアーク溶接の取り扱い免許を持っているそうで、

「溶接やるロケあったら自慢げに解説してやる」

と意気込んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中