「ネットカフェ夫婦」の出産 赤江珠緒「臨月姿はドキドキしました」

印刷

   <テレビウォッチ>埼玉県にネットカフェで暮らす夫婦がいた。夫は職探しの日々、そして妻は出産間近――。なんとか無事に女の子が産まれ、夫には希望していた寮付きの仕事も見つかり、3人の新生活がはじまった。「うーん、臨月の姿は(大変そうで)ドキドキしましたね」と赤江珠緒キャスター。

ここまで日本は…

   ジャーナリストの鳥越俊太郎は「ここまで日本は傷んじゃってるのか」と第一声。次に「小泉政権時代の格差社会、下流社会と言われたけど……」とお馴染みのキーワードを口に。今日ではその格差社会に「リーマンショック以来の不況」が重なったせいで、「日本の現状はすごいことになってる……(ネットカフェ夫婦は)そのひとつの象徴」である。そして、これはやはり「政治の課題」。「麻生さん、ボンヤリしてる場合じゃない」と結ぶ。

   続いて、コメントに立ったタレントの松尾貴史は、議員を辞めない中川前財務相と「派遣」を対比。「派遣の人があんな恥をさらす行為をしたら、簡単に切られる。国民から派遣されてる政治家があれだけの失態をさらしたら、切られて当然でしょ。このコントラストは本当に腹が立ちますね」

   松尾のコメントも政治的な方向に向かったせいか、頷きつつ、合の手を入れるなど、我が意を得たりといった感じの鳥越ではあった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中