無所属議員が指摘する「同じ図式」 「秘書逮捕」の震度は?

印刷

   <テレビウォッチ>突然、永田町を襲った激震。未曽有の経済危機の最中、解散・総選挙で、起死回生を待ち焦がれていただけに、その影響は計測不能だ……

東京地検は何か…

   震源地は、小沢一郎民主党代表の公設第1秘書。準大手ゼネコン、西松建設の政治献金疑惑に絡み、東京地検特捜部に政治資金規正法違反(虚偽記載など)の疑いで逮捕された。

   公設第1秘書で、小沢代表の資金管理団体「陸山会」の会計責任者というから小沢代表の右腕。いわば「直下型地震」だ。

   小沢代表は「政治団体からの提供と思って、多分受け取ったと思うから何ら違法性はありません」と強弁しているが、これで納得するほど、国民は甘くない。

   司会の加藤が「東京地検は何か証拠を持っていると考えていいのでしょうね……」と。

   これに江田けんじ衆院議員(無所属)が「それなりの証拠を押さえていたと言うしかない。ポイントはお金をもらった側、今回は公設第1秘書が、もともと企業献金なのにダミーとして政治資金団体をかませてもらったという認識があったかどうか……」。

   さらに江田は「今回、自民党の総理・閣僚経験者にも300万、400万円が同じ図式で受け取っている。こうした抜け道、脱法が設けられている一方で、企業献金を禁止した代わりに政党交付金を支給している。2重取りですよ」と。

   さてこの結末はどうなるのか?? 日大法学部の岩井奉信教授は「(小沢代表が)現状のまま続投というより、代表辞任、議員辞職の可能性が強い……」と。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中