芸歴15年COWCOW多田 初めて起きたハプニングとは

印刷

   お笑いコンビCOWCOWの多田健二が2009年3月11日のブログで、コントの舞台で起きた重大なハプニングについて、おもしろおかしく紹介している。

   「ルミネtheよしもと」のコント前の楽屋での出来事。衣装の話なんかをしていた時に、急にトイレへ行きたくなったというのだ。しかも、本番はすぐに迫っている。タイミングを逃してしまった多田は結局、そのまま舞台へと向かった。ふだんは舞台に出てしまえば便意は治まるというのに、この日はなかなか収まらない。

「そのうち治まると思いきや、どんどんしたくなるばかり。
これはヤバイ!
それに気を取られて、自分のボケを忘れてしまう」

   そんなわけで、もう駄目だと判断した多田は舞台上で、同じく出演中のお笑い芸人・大山英雄に「トイレ行って来ても良いですか?」と告白。了解が得られるとトイレへと直行したんだとか。で、舞台へ戻ると、お客さんが笑ってくれていたことに一応、ひと安心したのだった。

   もっとも、「こんな事、芸歴15年で初めて」と多田。「皆さん、本当にすいませんでした!」と詫びている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中