「第3のビール」増税から守れ! みの「庶民の楽しみ奪わないで」

印刷

   <テレビウォッチ>『第3のビール』がよく売れているようだ。竹内香苗アナが紹介する毎日新聞経済面の記事によると、2月の出荷量は前年同月比47.3%の伸びだったという。「景気悪化から、割安さで家庭に浸透して、2月の家庭向け販売の酒類別シェアはビール、発泡酒を上回った」と竹内アナが読み上げる。

そんなに違うのかしら?

   聞いていたMCみのもんたが「そんなに違うのかしら?」と呟く。安い酒には関心がないのかもしれない。「そんなに違わない」と、竹内アナと高木美也子(日大教授)が口を揃える。女性2人はかなりいける口のように見受けられた。

   それまで黙っていた嶌信彦(ジャーナリスト)が「何でこんなのを造るかというと、ビールだと税金が高いから。で、税金が安い発泡酒を造り、それよりもさらに安い第3のビールを造った。でも、また国税が税金を上げようとする」と、経緯を説明。高木が「ここまで企業努力をしているんだから上げないでほしい」と声を上げた。

   みののファイナルコメントは「庶民の楽しみを奪わないでよ」だった。「庶民」という言葉が宙に浮いたような感じがした。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中