2018年 5月 24日 (木)

エスパー伊東 自作ジュースに苦しむ

印刷

   お笑い芸人のエスパー伊東が、2009年3月19日のブログで、自作ジュースで苦しむ様子を書いている。

   「健康オタク」だというエスパー。

「野性の動物は、生の食物を食べているのでガンがあまりない」

ということに着目し、普段から生ジュースを作って飲んでいる。この日は「オレンジ2個、キウイ4個、レモン1個、タマネギ2分の1個」を入れたミックスジュースにトライした。

   「パンチのきいた味」になると期待していたが、タマネギが他の素材を圧倒してしまったらしく、完成したのは目が痛くて涙が出るほど辛いジュース。しかも、「生のタマネギには誘眠成分が入っているのを忘れていた」とのことで、飲んだ途端眠気に襲われ、倒れるように2時間寝てしまった。結局この日の自作ジュースは半分しか飲めず、さすがのエスパーも「とんだ罰ゲームだ」と振り返っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中