藤原紀香 離婚したのは「私が私らしくいられるため」

印刷

   女優の藤原紀香が2009年3月24日、公式サイト内の日記で、お笑い芸人の陣内智則との離婚についてコメントした。

   18日の更新で、日本赤十字の広報特使としてアフリカにいると書いていた。今回の更新も、ケニアからだという。

   まず、「皆様、お騒がせして本当にごめんなさい」。藤原の両親も、押しかけた報道陣に対し色々と話してしまったことを聞いたとのことで、「本当に心からお詫びいたします」と謝罪した。

   「夫婦だから、最後まで放棄せず、やれるところまでやってみよう」と夫婦の関係を持続させようとしていたことを明かした上で、「ずっと添い遂げたかったお墓に入るまで。と神様の前で誓ったんだもん でもだめだった」。「最後は心も体も数々のことに壊れてしまった自分がいました」と、無念のうちに離婚に至った心情を綴っている。だが、陣内と出会って結婚したことは後悔しておらず、感謝しているという。

   最終的に離婚という選択をしたことに関しては、「私が私らしくいられるため、大好きな仕事を、健康に支障をきたすことなく頑張ってゆけるため、これからの未来を後悔せず、本当の笑顔で生きられるため」と説明し、「未来へ一歩進んでみようと思いました」とのことだ。

「彼の幸せを心から願っています。 私もスパッと前に向いて歩いていきます!」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中