帰国の紀香に「再婚は?」 質問したのは「この人」だった

印刷

   <テレビウォッチ>藤原紀香(37)がきのう(3月25日)ケニアから帰国した。成田空港で待ち構えた報道陣に、「これからも未来形でがんばります。ありがとうございます」とあくまでにこやか。さすが一流。

紀香さんが身近になった気が

   なかにひとり侍がいた。「とくダネ」の芸能担当、前田忠明だ。小倉智昭が、「忠さんかわいそうに、老骨にむち打って走ったりして」と。長谷川豊が「忠さんが15、6年ぶりに」といって、に「余計なこと言うんじゃない」とたしなめられた。

   が、前田はここで「もう一度結婚する気はありますか?」と聞いて、「はいいつか、はい」という答えを引き出した。これが、今朝のスポーツ紙では「紀香再婚宣言」の見出しになった。走った甲斐があったわけだ。

   わずか2年での離婚。それも陣内智則の度重なる浮気が原因というのだから、だれもが口をあんぐりだ。こんな状況で、かくもにこやかに振る舞えるというのもたいしたものだ。

   紀香はブログでも、「心も体も壊れてしまった。離婚は本当にエネルギーが要ります。離婚で自分らしさが取り戻せるなら、未来へ向かって一歩進んでみようと思いました」と書いていた。

   当の陣内は、「報道の通りです。独身のように浮気をしてしまい、彼女を深く傷つけてしまいました。ボクの心の弱さ、誘惑にまけてしまった」といっていたが、この日警視庁の交通キャンペーンに出てきて、「(飲酒運転の)誘惑に負けてはいけない」と、自らを笑いのネタに。

   長谷川は、「もう一度結婚する気がありますか、って、よく聞きますね」(前田苦笑)。経過を説明した中で、陣内が未練を持っているんだと。

   小倉は「最近は離婚で男性の方がダメージを受けることが多い。仕事へのダメージでも陣内くんの方が大きいかも」

   前田は「そう、しゃかりきに努力していい芸人になるしかない」「紀香さんはちょっとやせたかんじがあったけど、明るく前向きだった」

   長谷川が、「このところ、お笑い芸人さんの離婚が続きますよね」

   「やっぱり女優さんとはあわないのかも」と前田。

   小倉も、「同じ芸能界でも、住む世界が違いますものね」「でも、ケニアから 帰ってあの対応。いざというときの女性の強さを感じましたね。それに紀香さん が一歩身近になったような気が」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中