WBC・日本の勝因分析 「今度の」チームは「徐々にひとつに」

印刷

   <テレビウォッチ>WBCで2連覇を達成して帰国した侍ジャパンの原監督は、凱旋記者会見でこう語った。「(選手たちは)それぞれ覚悟と潔さを持って日本力を見せつけてくれました。私の考える日本力というのは、気力と粘り。とくに決勝の韓国戦は粘りと気力を発揮して勝ち、世界一になれたことを誇りに思います」

見事だったんでは

   どちらかと言えば精神論である。「侍」論を披歴してみせたといえるかもしれない。

   では、原監督の采配はどうだったのか。みのもんたに「見事だったんじゃないでしょうか」と尋ねられた佐々木主浩(TBS解説者=元マリナーズ)は「準決勝、決勝と足を使った攻撃をしていました」と、機動力を活かした面を評価。その上で「今度の日本チームは徐々にひとつになって力をつけ、どんどん強くなって行った」と述べた。

   各選手も異口同音に「このメンバーといっしょに野球できてよかった」と話していた。MVPに輝いた松坂の「こんなに楽しくなるとは思わなかった」という発言が象徴的だった。

   そこまでまとめ上げた監督、コーチ連の手腕は認められるべきだが、優勝までの道のりが選手たちを一層、成長させたといえるだろう。

   それにしても、この間の盛り上がり方で、日本は野球好きな国だと改めて思い知らされた。野球は日本人向きのスポーツなのであろう。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中