労働組合と仲良く 農水省「ぐるみ体質」とウソつき

印刷

   <テレビウォッチ> 農水省の秘書課長ら2人が「ヤミ専従」に関する文書を改ざんしたというので更迭された。番組によると、2008年4月の内部調査では職員142人に「ヤミ専」の疑いが浮上したが、その後、調査を重ねたところ、該当者はゼロに。この減り方が怪しいと思ったのであろう報道機関からの問い合わせに対し、秘書課長らは調査の回数、人数を改ざんのうえ渡したようだ。

汚染米の問題、覚えてますか

   石破農水相は「個人の思いつきなのか、長年、そういう体質ができてしまっているのか」と首をひねり、井出農水事務次官は「虚偽の書類を出していたとか、虚偽の説明を行っているかについては、私も官房長も全く知らなかった」とした。

   みのもんたは「事務次官が知らなかった?」とコメント陣に語りかける。吉川美代子(TBS解説委員)は「大臣がどう頑張っても、秘書課とか次官がフォローできなかったら何の意味もない。大臣も、誰を信用して誰にどう指示していいのか分からなくなる」と話す。

   浅野史郎(前宮城県知事)は「行政改革の中で、厚生省と労働省がいっしょになって厚労省に、建設省と運輸省は国土交通省になったが、農水省は、いわば無キズ。それがアダになって、悪い方の『ぐるみ体質』が残されたのではないか」「組合というのは、対立する組織なのに、これから調査に行きますと予告するから、ヤミ専がゼロになったりする。かなり緊張感が欠けている」と苦言を呈する。

   みのが「汚染米の問題、覚えていますか、皆さん」と叫んでCMに移った。不祥事が続いていることを忘れないで、と言いたかったのか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中