小沢秘書事件は「民主主義の危機!」 「代表交代」論に猛反発した人

印刷

   <テレビウォッチ>民主党の小沢代表が当面続投しそうな状況を受け、番組は民主党議員の原口一博を招いて、『生激論』会を開催した。ただし、本当に激しかったのは山口一臣・週刊朝日編集長1人ぐらいである。

選挙には敏感だが

   山口曰く、今回の政治資金規正法事件では、検察の権力行使が不公正に行われた可能性がある。これは民主主義の危機である。それなのに、民主党の議員は「小沢では選挙に勝てない」と選挙の心配ばかりして、党内人事(代表交代)にかまけている。もっと重大な問題に目を向けよ、というわけだ。

   「選挙は議員の個人的な問題だが、こっちは民主主義の危機なんですよ。民主党の人たちは自分の選挙には敏感だが、民主主義の危機みたいなことにあまりに鈍感だ」

   声を張り上げる山口。以前はスパモニ・コメンテイターをつとめていた橋下・現大阪府知事とのトークバトルが番組名物だったが、最近は対戦相手が不在である。めずらしく往時の勢いを見せても、結局は独り舞台。

   本日のゲストの政治評論家、岩見隆夫は「民主主義の危機ってどういうこと?」「大げさなことを言う……」とムッツリとした表情でボソボソ喋っていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中