ジム・キャリーには大笑い! でも、はっきり言って…(イエスマン)

印刷
(C)2008 Warner Bros. Ent. Inc. c 2008 Village Roadshow Films (BVI) Ltd.
(C)2008 Warner Bros. Ent. Inc. c 2008 Village Roadshow Films (BVI) Ltd.

   <イエスマン 『YES』は人生のパスワード>もしも人から言われたこと全てに対して「YES」と答えたらどうなるのか……。消極的な人生を送っていた男が、ある日友人に勧められた「YESは人生のパスワード」とうたうセミナーに参加し、何にでも「YES!」と二つ返事をする『イエスマン』になってからというもの、だんだんと生活に変化が訪れるようになる。

   その『イエスマン』こと主人公のカールに扮するのはジム・キャリー。映画の中で彼のお家芸をたっぷりと見ることができるが、最初から最後まで良くも悪くもジム・キャリー映画である。今回もお決まりの顔芸や(この映画では若手芸人みたく、セロテープで顔をグルグル巻きにしている!)、少々大げさな演技等がおかしくて、十分に笑わせて貰える。ただ期待通りなのはジム・キャリーだけ。内容ははっきり言ってお粗末だ。

   題材自体は実験的要素も含まれていて、何でも「YES」と承諾したらどうなるのか興味を惹かれるのだが、展開が何より極端過ぎる。おまけにカールの周りで起きる騒動があまり一般的ではない出来事だったりするので、いまいち映画に入り込むことができない。もう少し丁寧に段取りを踏んでくれたら、この映画のメッセージにももっと共感できたのかも知れないが……。

   余計なことだが、この映画からジム・キャリーを取ったら、もしくは違う俳優がカールを演じていたら、日本ではDVDスルーの可能性が大だっただろうと思えてならない。

ジャナ専 巴麻衣

   オススメ度:☆☆☆

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中