多部未華子VS高畑淳子 そのドカチャカぶりは…

印刷

   <テレビウォッチ>NHKの新・朝ドラ「つばさ」。前のマナカナの「だんだん」はどうも面白くなくて途中で見るのをやめてしまった。今度は知り合いが出ていることもあり、見始めた。

   江戸時代は荷を運ぶ船が江戸と行き来し、小江戸と呼ばれた川越が舞台だ。母(高畑淳子)が家を出て行った後、和菓子屋を支える娘(多部未華子)が短大生の主人公だ。女将ら母親役まで若くしてやらされている訳だ。祖母は吉行和子、ナレーターとしてイッセー尾形。父役、中村梅雀は大好きな役者だ。多部はあんまり…というのは置いといて。

   家出していた母がまた戻ってきてドカチャカと始まった。この諍い、格闘が話の中心になりそうだ。まだ今後どうなるかよく分からない。ちょっとコントっぽいと思った。もう一つ何だかな、という気もするが、まああまり期待せずに見てみようと思う。

   総じて昔のドラマかな、という印象だが、アンジェラ・アキが主題歌を歌うなど冒険している部分もある。高畑は笑いのノリで楽しそうに演じているし、梅雀も笑いを入れつついい演技を見せてくれる。そういう意味では楽しみもある。

      和菓子屋に 小江戸の香り 漂いて

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中