野球場で「病みつきになりそう」 小倉智昭の快感体験とは

印刷

   <テレビウォッチ>昨日(4月7日)の埼玉西武ライオンズの本拠地開幕戦で、アイドルや人気女優をさしおき始球式をつとめたのは、誰あろう西武ドーム年間シート保有者の小倉智昭キャスター。

応援団からコールが…

   多趣味で知られるオグラだが、こと西武について語るときには、音楽やオリンピック、サーカス(シルク~)などにくらべて、童心が感じられるというか、邪念がなさそうに見えるのは不思議である。

   お供の笠井信輔アナや中野美奈子アナ、妻らがスタンドで見守るなか、40年近く野球のボールを持ったこともなかったという小倉は、「腰がいてえ」などとぼやきつつ、マウンドへ。

   さて、その投球やいかに。生まれてはじめて野球の実況をしたという笠井によれば、「見事、見事な投球!」。山なりの投球は、捕手がミットを上向きにして、地面すれすれで捕球した。コース的には、ストライク!?

   「応援団から『オグラ、オグラ』ってコールがあったでしょ。あれ、気持ちいいね、グラウンドで聞くと。病みつきになりそう」。名投手オグラは再登板に向けて意欲を見せていた。<

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中