Mジャクソン私物オークション 延期と「タヌキ社長」の「思惑」

印刷

   <テレビウォッチ>M・ジャクソン『お宝オークション』が突然、中止になったというので、阿部祐二リポーターが、武器とする英会話力を駆使して主催者を直撃。

まんまと…

   ドタキャンの理由を尋ねる阿部に対し、ジュリアンズ・オークションの社長は、7月から始まるロンドン公演のチケット100万枚が完売状態で、M・ジャクソン側が私物を手放す必要がなくなり、急遽、開催中止に至ったのではと仄めかす。そして、阿部が、2万円で入手したオークション・カタログはどうすればいいのか、と聞くと社長は「返品したければ返金に応じてもいいが、中止になったことで注文が増えると見込まれる」と答えた。

   オークション参加の構えを見せていたテリー伊藤は「残念」と口にして「社長は相当なタヌキですよ。中止になったという報道を世界的にテレビでやっているのを見て、盛り上がっているじゃないか、オークションは少し早い、と思っているかもしれない。今なら叩き売り的感じだけど、これからオークション商品の値打ちが高まると、夏か秋に改めてやる可能性がある」と話す。

   加藤浩次がカタログを手にして「テリーさん、返品しましょうよ、これ」と突っ込みを入れても、「何を言っているんですか。これはこれでいいんです。主催者側はうまいよね。カタログをさらに1、2週間売れば価値が出てくる。2万円でもそんなに高い感じはしない。まんまと乗せられているよね」と、テリーはあいまいに受けるだけであった。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中