2018年 7月 20日 (金)

草なぎ「裸現場」街灯真下だった マネキン使って実験

印刷

   <テレビウォッチ>SMAPメンバー草なぎ剛が公然わいせつ容疑で逮捕された現場の公園。今日(4月24日)の番組が「実況検分」した様子を伝えた。

かわいそうな気もする

   リポーターがマネキン人形を持って夜の「現場」を訪れた。公園内は場所によって、かなり暗いところと明るいところとがある。はじめに人形を置いた場所でカメラのライトを消すと、確かに薄暗く、遠くからだとよく見えないかもなと思われた。次に裸のところを発見された現場に移動する。

   すると、そこは街灯の真下ではっきり人形の姿が見える状態だった。リポーターは「相当酔っていたんだろうなと推察されます」と話した。よりによってこんな明るい場所にいたとは……というニュアンスだ。「公園内で最も明るい場所」にいたことで、多くの目撃者が出たとも伝えた。

   スタジオ陣では、諸星裕教授が、SMAPメンバーたちが成長期から大人たちに囲まれて生活してきたことを指摘し、今回のようなことは「大いに起こりうること」との見方を示した。さらに「アルコール依存症であろうと思われるが」と大胆な仮説を披露した上で、治療を受ける期間を彼に与えるとか、そういうことを周りがしてこなかった、そういうことを抜きに「引きずり降ろそうとしか考えてないような世の中の論調は寂しい」とまとめた。今回の事件を擁護するわけではないが「ちょっとかわいそう」とも話した。

   この熱弁に、リポーターは「アルコール依存症かどうかは分からない」とフォローしていた。小倉智昭は「これで彼の将来が台無しになるのはかわいそうな気もする」「生活を正し、いい仕事をしてほしいとボクは思います」と、消極的ながらもエールを送っていた。

   草なぎ容疑者は、24日午後には釈放された。警察庁の2008年の犯罪統計によると、公然わいせつの「検挙人員」は1613人。このうち今回のようなケースに当てはまるのは何人いるのだろうか。

文   赤坂和郎 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中