2018年 7月 19日 (木)

松下奈緒 公演を終え「安堵より達成感」

印刷

   女優でピアニストの松下奈緒が2009年4月26日のブログで、25日に行った東京国際フォーラムでのコンサートについて書いている。

   ピアニストとして、ライブの目標を「いかに自由なパフォーマンスができるか」「いかに舞台上が居心地のいい場所になるか」「そしてみなさんにその姿を楽しんでもらえるか」の3つを挙げていたという。公演を終えての感想は、「ライブが終わったという安堵より、達成感のほうが上回っていた」とのことで、目標は達成できたようだ。そしてこれからも「自分のなかに眠ってるメロディーをたくさん引出し、音楽を続けていきたいな」と前向き。

   最後に「また、ライブやりますのでその日まで楽しみに待っていてくださいね」とメッセージを綴っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中