矢口真里 調子にのって買ってしまったものとは

印刷

   タレントの矢口真里が2009年4月29日のブログで、「買っちゃった」ものについて紹介している。

   それは「数独の本」。「数独」とは、縦横9×9の正方形の枡に、1~9の数字をうめて完成させるパズルだ。

   さて、矢口が購入したのは「中級篇」。やや難易度の高いのは、「調子にのって」しまったからだとか。1ページ1問掲載されている問題に取り組んでみたところ、「2時間かかりました…」とのことだった。「数独やっぱり初心者です」。

   コメント欄では「矢口さん、頭の回転早そうです!」「矢口さん、すごいですな!」「まあハマりすぎて寝不足にはならないように」などと書き込まれ、矢口の小器用さに驚く読者もいたようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中