2018年 7月 23日 (月)

矢口真里 調子にのって買ってしまったものとは

印刷

   タレントの矢口真里が2009年4月29日のブログで、「買っちゃった」ものについて紹介している。

   それは「数独の本」。「数独」とは、縦横9×9の正方形の枡に、1~9の数字をうめて完成させるパズルだ。

   さて、矢口が購入したのは「中級篇」。やや難易度の高いのは、「調子にのって」しまったからだとか。1ページ1問掲載されている問題に取り組んでみたところ、「2時間かかりました…」とのことだった。「数独やっぱり初心者です」。

   コメント欄では「矢口さん、頭の回転早そうです!」「矢口さん、すごいですな!」「まあハマりすぎて寝不足にはならないように」などと書き込まれ、矢口の小器用さに驚く読者もいたようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中