「初対面」松本人志に「理解不能」トーク 彼に「次」はあるか

印刷

   <人志松本の○○な話>「人志松本の○○な話」は、毎週決められたテーマについて芸人達が自分の思いを熱く語り合っていく新番組である。レギュラーはダウンタウンの松本人志と千原兄弟の千原ジュニア。ゲストに呼ばれるメンバーも「すべらない話」の固定メンバーが多いが、ここでは「すべる話」もたくさん飛び出てくる。

   今回のテーマは「ゆるせない話」。ほとんどのメンバーが松本人志と親交が深い中、1人だけ初対面の芸人がいた。野性爆弾のロッシーである。控え室の大きなテレビに映った政治家を「控え室にいた芸人達と同じ大きさだったから……」と飲み会の人数に入れて店を予約してしまうくらい『最強天然ボケ』の彼のトークはまさに『爆弾』。「お茶碗」が「ゆるせない」のだと語り始める。「お『茶』椀なのにお茶ではなくご飯を入れ、『湯』飲みにお湯ではなくお茶を入れている」ことが「ゆるせない」のだそうだ。

   「こんなに人の話がわからなかったのは初めてだ」と完全にお手上げ状態になってしまった松本に「『お飯椀』の必要性」と何度も説明するロッシーだったが、それを理解出来るメンバーは最後まで現れず、ロッシーも「もう『お飯椀』を作るには遅いんですよ……地球が回って随分経つので」と諦めたようであった。初対面の大先輩相手に『爆弾』を投げまくったロッシーは、おそらくこれからもこの番組に呼ばれ続けるであろう。彼を探し出してきたスタッフは大健闘である。

   それにしても、芸人達がどんなに熱く語ってすべっても、ちゃんと拾って笑いに変えてくれる松本人志は、さすが『兄さん』。彼が芸人達に慕われ続けているのがよくわかる、面白いのにどこかほんわかした番組なのである。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中