3代目プリウスは克服したか 小倉の「ハイブリッドへの不満」

印刷

   <テレビウォッチ> 「やっぱりみんな気になるようで……」と笠井信輔アナ。昨日(5月18日)、トヨタが満を持して発表したハイブリッド車「プリウス」(3代目)は、すでに8万台分の予約注文が殺到しており、いまから買おうとしても、すでに約4か月待ちだそうだ。

小倉:ゴルフバッグ…

   自動車不況に苦しむトヨタの「救世主になりそう」(笠井)な人気ぶりのプリウスに、笠井も並々ならぬ関心を示していた。教室の黒板に似た「得もりボード」で、ホンダが2月に発売したライバルのインサイト(番組では『初代』と紹介されたが、後に『2代目』に訂正された)との比較を熱心に繰り広げる。

   例によってと言うべきか、笠井が「プレゼン」している間、喋りすぎの通販番組セールスマンを見るような顔をして座ってるのが、番組メイン司会の小倉智昭である。オグラご自慢のオープニングトークではその反対に、笠井は校長の長すぎる朝礼に耐える生徒のように見える。

   さて、オーディオ家電類などのマニアで、新しいモノに飛びつくことをオープニングトークなどで惜しげもなく披露してきたオグラだが、自動車はそうでもないらしい。「ハイブリッド車はねえ……」とシブい顔。「いろいろ見るけど、バッテリーがあるんでトランク狭いんですよ。ゴルフバッグ、ワンセットぐらいしか積めないんだもん」

   「新型プリウスは排気量もあがって、サイズも大きくなっているので~」と笠井はご説明を続けたが、オグラは「うん」と生返事で聞き流していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中