4億円を22万で売っちゃった!? 「バカな盗人」芸術品溶かし中国へ

印刷

   <テレビウォッチ>3年半前にイギリスの公園から盗まれたヘンリー・ムーアの彫像「横たわる像」が、どうやら溶かされて、ただの銅として中国に売られたらしいと、5月17日付の英日曜紙オブザーバーが報じた。なんということ。

どうやって?

   この像は、ハートフォードシャー州のムーア記念財団の庭に置かれていたのを、2005年12月に盗まれた。1969-70年制作のブロンズ像で、長さ3メートル、高さ2メートル、重さは2トンもある巨大なものだ。

   赤江珠緒は、「どうやって?」と目を丸くしている。

   佐々木亮太は、「防犯カメラではよくわからないんですが、切断されて持ち去られたようです。芸術の価値をどう見ているのか」と。

   とにかく、ムーアの作品は4億4000万円の値打ちといわれるのだが、銅の地金にすると現在の時価でたったの22万円にしかならない。

   若一光司は、「イギリスで教育を受けていない者でしょうね。ムーアといえば、イギリスを代表する彫刻家だから、教科書に載っている。盗んだとしても、分割するとか、もっとお金にする方法はあったはず。溶かしてしまうとは、まったくムーアをわからずにやってる」

   鳥越俊太郎も、「世界には隠れたコレクターがいますから、お金を出す人がね。もっと高く売れたのに、盗人がバカだったんですね」(笑い)

   報道は、警察当局の見解として、当時中国では銅の需要が高く、地金として売られたとしている。このニュース、中国人はどう読むんだろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中