「クックパッド」人気の秘密 加藤浩次が分析

印刷

   <テレビウォッチ> インターネットサイト「クックパッド」が大人気だという。番組によると、1か月の利用者が600万人を超す料理レシピのサイト。

加藤:ランクが上がっていくのが…

   使い方その(1)=レシピを投稿すること。50万品が掲載され、公開されている。1日数百単位で投稿されるそうだ。自慢の作品を送ってくるのだろうか。

   その(2)=お気に入りレシピを探すこと。余った食材の使い道も提案してくれるので、たとえば「にんじん」を検索すれば「サラダ」「ケーキ」「ピラフ」と並ぶ。「弁当のおかず」「お菓子づくり」なども、アイデア満載のレシピが出てくるらしい。

   『料理を楽しむ』をコンセプトに、10年前に立ちあげた佐野陽光社長は「そもそも料理は、楽しいことだし、生活を豊かにするためにも重要だけど、毎日のことなので作業になりがち。その中で悩みが減ったり、楽しめるきっかけになればいいと思った」と語る。

   利用者の96.5%が女性で、20代が21%、30代が28%。「20代、30代の女性は料理に対する関心が非常に高い。家庭から生まれたアイデアが共有されていて、実際に作ったり、食べる喜びにつながっているのだと思う」と社長は分析する。

   西村綾子リポーターがスタジオで紹介したのは、「パリッ! キュウリがウマっ!」なる、きわめて簡単そうな1品。

   加藤浩次が「西村さん、50万食から何でこれをチョイスしましたかね。番組の経費がない感じがしますね」。テリー伊藤も「西村さん」と怨みがましい。西村が「誰でも簡単に作れるというので、25才のADさんに作ってもらいました」と言いわけ。

   ただ、味は結構いけたようで「うまい」「おいしい」の声が揃う。

   加藤が「自分のレシピがみんなに見られてランクが上がっていくのが楽しみの1つなんでしょうね」と、まとめた。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中