「犬お父さん」がケータイを抜く日

印刷

   <テレビウォッチ>グーグル携帯に、ソーラー発電、UVお知らせ携帯――。ケータイ各キャリアがいわゆる「夏モデル」を続々発表したのを受けて、長谷川豊アナがややカタい調子でプレゼンしていた。ショージキ意気揚がらない。口癖の「ショージキ」をはじめ、くだけたざっくばらんな言葉遣いをぱったりやめたせいもあるのかもしれないが、ほかにも理由はありそうだ。

犬は売り物ですか?

   街の声は「(価格が)すごい高い」「壊れるまでいまの機種を使い続ける」。スタジオでも「あんまり不自由を感じない。買い替える必要がとくにないからなあ」と高木美保が無関心さをあらわに。

   2007年の終わりごろ、キャリアが販売店に奨励金を出し、ケータイを1円で売って客を囲い込むやり方が不透明だとして行政指導を頂戴して以降、新型ケータイは5万、7万当たり前。当然のように販売台数も減ってきている。

   「機能を絞って値下げするといった工夫が求められているのでは」とデーブ・スペクター。司会の小倉智昭は「さっきから気になってたんだけど、ソフトバンクの犬は売り物ですか?」。オグラが注目したのはスタジオにズラリと並んだ最新ケータイではなく、その後ろに置かれていた演出小物――ソフトバンクの白戸家、お父さんのぬいぐるみだった。

   そしてスタジオで「ほしい」と言われたのも、このぬいぐるみのみ。ちなみに、けっこうな大きさであるが、ケータイ用ストラップもついていて、販売商品だそうである。そのうち主力商品になりそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中