逮捕とパスポート取得の関係 背任容疑の「漢検」前理事長

印刷

   <テレビウォッチ>不明朗な経理で私腹を肥やしていたといわれる財団法人『日本漢字能力検定協会』(京都市)。

穿った見方を…

   5月19日、前理事長の大久保昇容疑者(73)と長男で前副理事長の浩容疑者(45)が京都地検に背任容疑で逮捕された。

   ところが前理事長は、逮捕前日にパスポートを取りに来たらしく、京都駅にある『京都府旅券事務所』に姿を現した。あきらめが悪いというか、最後のぎりぎりまで醜態を演じた。

   逃げ回る大久保前理事長をカメラが追う、その一部始終を『朝ズバッ!』が「海外逃亡を企てたのでしょうか?」と取り上げた。

   18日、紺色の上下スーツにノーネクタイの白ワイシャツ、野球帽をかぶり手には紙袋を持って自宅から出てきた大久保容疑者。

   逃げ回る前理事長に記者から「背任容疑で捜査が進んでいますが?」と質問が飛んだが、「なに言ってるんや」。

   で、タクシーに乗ってどこかへ。20分後前理事長が姿を現したのが『京都府旅券事務所』だった。そこで携帯電話を取り出し「パスポート取りに来てるんや」と、どこかへ電話。

   自宅に戻ったところをまた直撃。「なぜパスポートを?」に大久保容疑者はいっさい無言だった。

   逮捕は今週後半と見られていたが、こうした大久保容疑者の行動がきっかけで、逮捕を早めたとの見方も出ているという。

   スタジオではみのが「パスポートを取りに行くなんてこの時期に、穿った見方をしてしまいますよね~。それにしても、発想はよかったのでしょうが……」とタメ息。

   TBS解説委員の川戸恵子がこれ応えて「漢字検定のおかげで、ずいぶん漢字に興味を持った人たちがいらしたのにね~」。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中