2018年 5月 23日 (水)

小倉、殺人容疑者卒の学科を解説 「優秀で就職困らないはず」

印刷

   <テレビウォッチ>中央大学理工学部の教授が殺害された事件では、卒業生が逮捕された。今日(5月22日)の番組ではとくに目新しい情報もなかったが、VTRが終わって開口一番、司会の小倉智昭の注目点は「中央大学」であった。

一生懸命勉強して...

   「中央大学の電気通信って、なかなか優秀な学生さんがいるところでね。就職先も困らないはずなんですが、(容疑者は)就職先も決まらずにアルバイトをしていた」。なお番組の情報では、容疑者は卒業後すぐ大手食品製造会社に就職したそうな。

   中央大学の専門家オグラの話は続く。「電気情報通信って、時代の最先端を行く学問。彼(容疑者)も一生懸命勉強して(中央に)入ったと思うんだよね」

   さらに曰く、オグラが中大に縁があり、また詳しいのは中大の付属高校に通っていたからだ。中央大学には進まず、別の大学に行ったが、「理工学部の電気関係って、成績のいい連中が進んで、いいところに就職してるんですよね。外から受ける人たちはもっと優秀だって言われてますしね」

   そんな優秀な中大生がなぜ? と腑に落ちない様子のオグラであった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中