2018年 7月 19日 (木)

ある意味ビックリの番組 その陳腐さにサプライズ

印刷

   日本テレビの「サプライズ」。平日の19時台に放送し、曜日ごとにテーマも担当者も変わるという趣向だ。山瀬まみは週4で出ているようだ。

   月曜はくりぃむしちゅー、火曜はウエンツ瑛士と次長課長、水曜はえなりかずき、木曜は辛坊治郎と大竹まこと、金曜は爆笑問題。今回見たのは火曜日。ウエンツと石塚英彦が「食いしんBOYS」とかいって、築地のあたりをうろつきながら店紹介などをした。石塚が「まいう~」ではなく「シャスデリ」という言葉を使っていた。あとはスタジオで脳トレゲームなどもあった。

   築地紹介のところもスタジオ客が見ているのだろう。ところどころで笑い声が入っていたが、どうも不自然な感じだった。店からいいにおいがしてくる、という場面でCGを使ってにおいらしきモヤモヤした絵を入れていたが、そんな必要があるのかと疑問に思った。石塚なら、「いいにおいがしてきた」ということを十分に表現できるはずだ。

   で、結局ありきたりのグルメレポートものに、申し訳程度の脳トレゲーム...という内容。「サプライズ」なんてタイトルつけておきながら、この平凡さは何なのだと、そっちの方にビックリした。平日通しでこんなタイトルでやっていいのだろうか。見た方としては、どうしてくれるんだと言いたいほどがっかりした内容だった。もう少し、ビックリするような内容を構えなりとも示して欲しかった。なんだか制作費を安くあげないと...というにおいがCGで見えてきそうな番組だった。

      サプライズ するのは一体 誰でしょう

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中