2018年 7月 18日 (水)

上原さくら ハマった「新品種」のフルーツとは

印刷

   タレントの上原さくらが2009年5月25日のブログで、最近ハマったフルーツについてつづっている。

   上原が中学生の時の誕生日。母親が料理教室で習ってきた「パイン入りピラフ」を作った。パインの中身をくり抜いてそれを器にし、中にパインの実が入ったピラフが盛り付けてあったという「見た目は確かに派手でドリーミーなごちそう」だったそうだが、味のほうは「ごめん、これパねぇまじーよ」と絶句するほど口に合わないものだったという。

   それ以来パインが苦手だった。だが、「ちょっと前」に認識が変わったという。きっかけは、「友達」が持ってきてくれた「スナックパイン」。品種改良の結果、芯まで食べることができるほど柔らかいパインで、「今まで青果コーナーでパインに見向きもせずスルーし続けた自分が......悔しいですっ!」と後悔するほど気に入ったという。「美味しいよ~」と読者にオススメしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中