2018年 5月 28日 (月)

上原浩治 「なんで俺やねん。邪魔せんとって」

印刷

   MLBボルチモア・オリオールズの上原浩治投手が2009年5月25日のブログで、前回登板した試合について、振り返っている。

   上原投手は23日(日本時間24日)、ナショナルズ戦に登板した。3回無失点と好投したものの途中、左太もも裏の違和感により途中降板。理由は、暑さによる脱水症状だったという。ブログで、こう語っている。

「なぜだろう?? いい感じで、この1か月を過ごしてきたのに・・・。あんなに足には気をつけて、毎日毎日ハムだけには気を使っていたのに。スプリングキャンプよりも軽傷だとは思うけど。毎回やって思うことは、なんで俺やねん。明るく、楽しく野球してんのに、邪魔せんとってくれ」

   もともと汗かきの上原投手だが、「あの日の汗のかきかたは、ちょっと自分でもおかしいと思っていた」。水分補給には気をつかっていたが、残念な結果となってしまったことは仕方ないとわりきる。

   もっとも、ナショナルズの本拠地・ナショナルズ・パークは綺麗で気持ちよく、もっと投げたかったと悔しさをにじませている。球場には日本人のファンも多かったらしく、「声援が嬉しかった」そうだ。なお、今後については「すぐに試合に復帰できるように、焦らずやっていきます」と意気込んでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中