2018年 7月 17日 (火)

ボクシング内藤と「母の本音」 引退するのかしないのか

印刷

   <テレビウォッチ>中国の熊朝忠選手を3-0で破り5度目の防衛を果たしたWBC世界フライ級王者、内藤大助選手(34)がスタジオに生出演した。

子思う親の気持ち

   チャンピオンベルトを肩にかけ登場した内藤。背の低い熊の頭が内藤の顔面あたるバッティングで、えぐられた両瞼の絆創膏が痛々しい。

   やはり印象に残ったのは試合終了後の内藤のセリフ。

   「せっかく1つの試合のためにこんなに(ファンが)来てくれたのに、しょっぱい試合してすいませんでした」。

   会場が『ワー』と沸いたシーンを番組はVTRで繰り返した。

   司会のみのがまず「相手もよく耐えましたね~」と。

   内藤は「いや~やりにくかったですよ。タフで、気持ちもすごく入っていたなと感じた。会場が変わったのにお客さんがいっぱい来てくれて僕もコノヤロー、負けないゾーって」。

   で、両瞼から血を流し戦うわが子の姿見て感じたのか、試合後に母親がもらした「引退してもいいんじゃない」という『母の本音』に話が及んだ。

   みのが「子思う親の気持ち。お母さん思わず言ったんでしょう」。共鳴したのか、高畑百合子アナが「(お母さんが)疲れたな~っておっしゃってましたよ」と。

   これに内藤は「毎回、試合でわざわざ東京に来てくれる。それが疲れるんですよ。母親は周りの方たちを考える人なので、それは尊敬するところなんですが、そういうことも含めて言ってるんだと思いますよ」と、まだ辞める気なさそう。

   みのが「奥さんは?」にも、内藤は「『いつ辞めてもいいんだよ』とボクの意見を尊重してくれている」と次のセリフを。

   「日本タイトル獲った時から『いつ辞めても……』と思ったけど、でもいつも思うのは、ファンの方から『次また行くよ』と期待をかけてくれる。それが嬉しくて、嬉しくて。じゃー、またやるゾーとなるんですよ」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中